せっちょん、プーになる。

seichi0412.exblog.jp

山へ芝刈り

 おじさんとおばさんで山へ芝刈り行って来る。毎年恒例の冬囲いの準備のひとつ。女房の実家の松(枝が盆栽の様に伸びてます)を囲う道具にするためのもの。そんなにしっかりと囲う必要は無いと我輩も女房も思っているが、ばあさんが生きている内はまあしょうがない。ばあさんの思うようにやってやるしかない。囲いは明日予定している。近所のおじさんが毎年手伝ってくれ、りっぱな囲いが出来る。やるだけやりましょ・・。芝刈りに行った山は近所のおじさんの持ち物で、毎年自由に切らしてもらっている。ばあさんの山もあるにはあるのだが、便利な場所ではなく車が行動出来ない場所。ばあさんが死ねば一人娘の女房のところに自動的に相続。ということは我輩は念願の山持ちになるのか?財産価値のない山なのでどっちでもいいのだが・・・。
 ついでとは何だが、デッキを壊した材料を車庫に納入。乳房と2人でえっちらえっちら運ぶ。来年の春まで材料はお蔵入り。来年上手にデッキを再現できるか?ちょっと不安な我輩である。大工さんのセンス0だし・・・・。
 猫のうめちゃん、今はケージの仲でいい子でお座りしている。にゃーにゃーとうるさい。背中の方ではちび太がケージから出せと腕を出している。もうすぐごはんだから出れるよ・・・。
 夜は選挙の担当者会議、さっきまで事務局の我輩は準備をしてきた。飯を食ったらアナウンサーでお手伝いをする女房と2人で行く予定。実は今日は行かないがプーなり立ての長女もアナウンサーで出動を予定している。家族総出の選挙戦はもうすぐ・・・。

f0357714_17161391.jpg

[PR]
by seichi0412 | 2014-11-04 17:20