せっちょん、プーになる。

seichi0412.exblog.jp

めがねをしたまま顔を洗う

f0357714_17414645.jpg
昨日中に家の修繕が終わると思っていたら今日半日掛かって作業完了とあいなった。とっても綺麗になって「ひでき感激」の気分?。廃材が少々出、ナイロン等燃すわけではないのでいいかと車庫の隣で焚き火。昨日は雨だったので回りに燃え移る心配もなく、快適な焚き火。外でゴミを燃やしてはいけないのは今や「常識」となっているが、小さな廃材なのでご勘弁である。みんな燃やして「あ・・焼き芋やれば良かった」と思うあほちん親父です。あほちんと言えば、今朝、我輩、めがねをしたまま顔を洗おうとした。めがねに水が掛かり始めて気づくおとぼけよう。大丈夫か俺・・・。ボケが少々入ってきたんと違うか?くわばら・・クワバラである。シャキッとしましょう。
 義理母の家にリースで電動ベッドが入る。社会福祉協議会の担当の方と妻が相談し入れてもらうことに。義理母、部屋が狭くなると随分しぶっていたが、作業療法士の我が長女にも説得されしぶしぶ承諾。脚が悪いので絶対楽だと思うが年寄は頑固だ。きっと楽になってうれしがり、やっぱり良かったと言うと思うよ・・確実に。義理母、要介護の認定を受けているのでベッドも大変安く借りられる。我が家にとってもとても助かりありがたい。先ほどプー長女の職業は作業療法士と記したが、次女は介護士、我輩がボケても助けてくれるかな?無理だろうなあ?
何せ次女「うるさく、体の大きい爺さんは手に負えない」とぼやいていたし・・・。我輩はど真ん中のストライク。とほほである。
 昨夜、ミルク君、疲れたのかソファーの上で大いびき。大丈夫かと思えるほど「グワーグワー」といびきをかく。長女は「ぼけたんと違うか」f0357714_17422609.jpgと心配するが全然大丈夫でございました。おばあちゃんだから心配で心配で・・・。
[PR]
by seichi0412 | 2014-11-28 17:43