せっちょん、プーになる。

seichi0412.exblog.jp

もらう前に死んじゃう

 
f0357714_15590998.jpg
 あまり天気は良くないのだが、ほのぼのとした日曜日。雪の消えた所から庭木囲い外しを始めたりとごろごろゴロゴロの日曜日。
 お昼にはウドンを食いに行くか?という事になり、妻が大好きな行きつけの手打ちうどんのお店へ。店自体はきったないのでありますが、ウドンは確かに美味いのであります。肉うどん(肉は鴨肉)を注文してご馳走様でした。
 本日はこれから支持する市会議員の役員意見交換会。すぐに解決できる課題など少ないが、有意義に有意義に使いたいであります。
 妻が先だって誕生日だったので、年金通知が届いていた。少ないであります。妻だって20年以上厚生年金に加入していたのに、見ればがっかりであります。我輩も妻も当分は年金をもらえる訳ではないのですが・・・。我輩も来月誕生日、また通知を見て「Wがっかり」の憂き目に合うでございましょう・・・。まあ考えれば、我輩なんか相当恵まれている方で、俗に言う大きい企業に在籍していた事から、企業年金もありますし、子供も取り合えず独立、家のローンがない等「分相応に生きれば何とかなるかな?」的要素が多いわけでありますが、実際、国民年金だけで暮らすとなると、相当な貯えがないと「厳しい」の一言です。良いも悪いも働かなければ生きられないのも現実です。
 所得代替率(年金の受給額指標:標準家庭夫婦2名です)は現在約63%。これからはマクロ経済スライドが導入されるため、それが50%に下がると言われています。それさえ守るに四苦八苦で、「需給年齢の引き上げ」「高齢者の雇用促進」等の条件付がないと厳しいと言われています。今の若い人は「もらう前に死んじゃう」そんな現実が垣間見れます。我輩も含め、昭和30年代以降生まれの若い人は、食生活で困ったことなんかあまり無いですし、インスタント食品を大量に食べている世代であります。子どもの頃歩くことも少なくなったし、長寿世界一なんて、今だから言えることでこの先は???であります。
 そんな先の見えない時代ではありますが、医療が充実し「もういいや」と思ってもチューブに繋がれ人造人間みたいに生きることがあるのでしょうか。ベッドに縛られ年金もらい、何も出来ないのにただ生きるはまっぴらごめんの我輩であります。延命治療不要・・・妻、子供には宣言してありますが、当分わがまま放題生きてやります。
 ミルク婆さんは、毛布を掛けてもらって寝たきり老人みたいです。もしもの時は、おまえは嫌がっても延命治療します。我輩が・・・。

f0357714_15590119.jpg


[PR]
by seichi0412 | 2015-03-29 16:34