せっちょん、プーになる。

seichi0412.exblog.jp

<   2015年 05月 ( 31 )   > この月の画像一覧

田舎に生きる一番の理由

遅くなりました。
夕方から仲間と酒飲みをしておりました。


f0357714_22371667.jpg
実は公民館のゲートボール大会が来週あるため、かっこつけに練習をするかと夕方からちょこっとマネをしたのであります。
その後は当然・・・・・。気心の知れた仲間達であります・・一杯やるかとなるのは自然な流れです。
男たちだけでなく、女衆も総動員の宴会に突入であります。

酔っ払ってくれば話に花が咲きます。
地域作りの話から始まり、市会議員、国会議員・・安倍さんの話、戦争の話などとめどなく進みます。
田舎の仲間達は世の中の動きや政治に対し真っ直ぐに考えています。

過疎ゆえ追い込まれている背景にあるのは当然ですが、
人間としてまじめに考えるのも田舎人の特徴です。

仲間達は経済的には決して裕福ではありません。
でも真面目に快適な生活をしている連中です。
自分の事も、家族の事も、仲間の事を真剣に考えている仲間達です。

我輩・・・沢山の仲間達に囲まれ幸福と思っています。
サークルなどと言う趣味の仲間とは違う人間同士の意思の疎通が出来る幸せです。
これこそ田舎に生きる一番の理由に相違ありません。

宴会を写真に撮る事は出来なかったので、我が家に咲いた薔薇です。
いつもの写真で面白くはないですが・・・・。


f0357714_22370511.jpg


[PR]
by seichi0412 | 2015-05-31 22:42

昼下がりのバトル


f0357714_18115525.jpg
真夏の日差しに白旗を上げたい気分です。
でも、朝から草刈に精を出す真面目なおっさんです。
毎日外にいるので黒人に変身中です。

昼寝をしているとハエが1匹・・・。
最近の暑さでハエ殿も元気が良いのです。

ウツウツすると顔や頭にとまり誠にうっとうしいったらありゃしない。
汗臭いのか?加齢臭が滞留しているのか、どうも我輩の周りだけに集まって来る気がしてならない。
「ばかやろー」とはえたたきと殺虫剤を持って待ち構えればちっとも近くに寄って来ない。
あいつらも殺気を感じているのかもしれんが、遊ばれている様で納得が行かん。

ようやく仕留めたと思ってウツウツすれば、また1匹がやって来た。
ハエとバトルをしても始まらんが、田舎の昼下がりはうっとうしい奴との戦いが日常茶飯事である。

お昼寝で思い出したが、国会議員先生は本会議中、居眠りをしたり、パソコンを見たり小学生の学級会よりもひどいと言うニュースを聞いた。委員会で方向性がほとんで決まっているので、本会議は形式的な事ではあると思うし、普段の良い行いがニュースにならないので、そんなところばかり批判するのもとは思うが、数千万円ももらっている先生様、人の意見はしっかり聞きましょう。それが仕事なんです。
そして国民生活を頭フル回転で考えましょ。

時給700円台バイト生活の我輩だって居眠りなんか致しません。それが仕事と言うものです。
なるべく乱暴な言葉は使わないように書いていますが、怒り心頭です。
本会議場にハエの200匹も放してやれば良いんです。
じじいばかりの国会ですから加齢臭に集まり、うっとうしくて居眠りなんか出来ませんから。

冒頭の写真は気分直しのようやく田植えが始まったのんびり田舎です。川は千曲川です。
休耕田に鳥さん(山鳩かな?)が2匹遊びに来ました。
f0357714_18123394.jpg



[PR]
by seichi0412 | 2015-05-30 18:20

人は仕合わせと呼びます


f0357714_18225352.jpg


三匹の猫を連れて病院詣で。
かわいらしい犬君、猫君で病院は繁盛。
でも3匹を連れ、待合室で待つおっさんはけっこう恥ずかしい。

診療室ではチビ太が騒ぐし・・・・。
ふく君のおしっこを検査してもらうと結晶があるとの事。
(妻がおしっこにたまに血が混じっているんではない?と疑ったため検査してもらったもの)
お前も食事療法かよ・・・。お薬もいただいたし・・・。あれあれであります。
チビ太君は良くなっているようです。これは良かったであります。

お金も掛かるが、縁あって我が家の一員になった3匹。
帰りに車の中で久しぶりに「糸」を聞く。
「逢うべき糸に出逢えることを人は仕合わせと呼びます」
人間でも動物でも「逢うべき糸」
家に来て、我が家族に逢って「幸福」と思ってほしい。
そんな思いを抱く帰りの車中での出来事であった。

とっても好きな2番の歌詞を載せます。
中島みゆきは天才だ・・・・。

f0357714_18233029.jpg


「なぜ 生きてゆくのかを
迷った日の跡の ささくれ
夢追いかけ走って
ころんだ日の跡のささくれ
 こんな糸が なんになるの
 心許せなくて ふるえていた風の中
縦の糸はあなた 横の糸は私
織りなす布は いつか誰かの
傷をかばうかもしれない 

縦の糸はあなた 横の糸は私
逢うべき糸に 出逢えることを
人は仕合わせと呼びます」

夕方「虹」が綺麗に出ていました。
雨も降らないのに・・・・・。


[PR]
by seichi0412 | 2015-05-29 18:27

精々20年


f0357714_18225575.jpg
午後、女房は庭の草取り、我輩は畑で菜の花整理。
近くで作業をしている女房が雑草どくだみの多さに一言。
「あと30年すれば花畑もどくだみ一色になるんかなぁ・・」

「ちょっと待てちょっと待て、我輩どう考えてもあと30年は生きておらん。
現在58歳。精々どう頑張っても20年だよ」とお返し。
あなたは親を見ても30年は軽そうだが、我輩、両親とも80前後に他界している。
精々20年が良いとこだろう。

 逆算するとあと10年はふらふらと好き勝手に生きて行けるだろう。たぶん。
残りの10年は病院、デーサービスがお友達の生活?になるかもしれないと言う事。

もちろん、80過ぎても元気に活躍する先輩方も多いし、シニアのブログなんかを見ていると
皆さん人生を楽しんでおられる。
(我輩、金が無くとも楽しい人生などとたわごとを言って、
早期退職で仕事に見切りを付けたためシニアのブログに参加させていただいております)

頭で計算しても明日さえわからないし、その先の事なんか考えてもしょうがないことはわかっているが、
だんだん歳を重ねて行くと先々を考えてしまうのもまた正直なところ。
(50代の若造がとお怒りになるシニアの皆さんもおられるかも・・)

とは言いつつ人生「おきらく」がもっとうの我輩。人生の指針は「好き勝手に生きる」。
沢山の人と関わり、地域に根ざして生きる。
まだまだシニア青年部は弱音なんて吐いてはいられない。


f0357714_18230321.jpg
我輩を楽しませてくれる薔薇の写真をお口直しに。


f0357714_18231139.jpg


[PR]
by seichi0412 | 2015-05-28 18:31

あんなのと一緒にされて・・?

お天気で野菜の値段もお高くなっているよう。
田舎でもこれからが野菜のシーズンで、そのため植えつけはほぼ終わりに近い。
田舎人・・野菜が高けりゃ山菜でも食えば良いかとお気楽で。

庭の柿ノ木、葉っぱが繁りデッキを直射日光からさえぎってくれます。
木と言う物は有り難いかぎりです。
f0357714_18432928.jpg
 さて、楽しませてもらった休耕地の菜の花、本日より片付けに取り掛かる。
1日で終わるわけもないので、ぼちぼちの作業。
何せ暑くて、午後は作業にならない。
遊んでいる畑(休耕地)で遊ばせてもらった上に熱中症では洒落にならんし。
お気楽家庭菜園作りはこんなもんで許してもらうのが我輩流で。

全て片付ければ今度は向日葵をばら撒く予定。
一部はとうもろこしでもと思ってはいるが、また遊ばせて下さいなってな具合。
畑は遊ばせておけば草ばかり生えるばかりだし・・・。
休耕地活用・・・そうは言っても以外に難儀なのです。


f0357714_18431457.jpg
話は変わって、夕飯時の妻の話を・・・。
お店でアスパラガスを見ていたところ、
隣に来たおじさん「アスパラは太くても細くても・・・」とうんちくを話出した。
「そうなんですか?」と妻が答えたら、おじさん「あ・・・・」と固まったそう。
どうも奥さんと間違えたよう。近くには奥さんらしい人が・・。
家に帰って口説く口説く「あんなのと一緒にされて・・?」
あはははは・・あなたは美人ですよ。





[PR]
by seichi0412 | 2015-05-27 19:38

ちょこざいな

お天気が続きます。畑の水やりが結構大変になって来ました。
そろそろ雨も・・・人間はかってです。

f0357714_19420663.jpg
畑に水を持って行こうと、たね(池)の水を汲もうとしたら近くにシマヘビが・・・。
「ぎゃおー」であります。突然はちあわせするとお互いにびっくりです。
(へび君も多分そうだと推測していますが・・・相手はスローモーなので・・・)

いやはやへび嫌いのおっさんの前に現れるとはちょこざいな。
長い棒で突っつくと石垣の穴へお隠れになった。
へびと言えども極悪人ではないし、
桃太郎侍のようにたたっ斬る程ほど勇気もないし。

対策は一つ「へび忌避剤」なるものを購入し家の周りに蒔くのみ。
これへびが近づくのを防ぐ薬剤。
確かしょうのうのような匂いがする。(実は去年も蒔いた)

効くか効かないかはへび君次第だが、
我輩の気持ちが多少楽になるので相当効果的と思う。

良く考えればへび君もねずみ等退治してくれる貴重生物。
いなくなっても困る訳で、その辺のバランスが難しいのでありますが、
田舎人のくせに、あの姿だけはどうも好きになれない。
子供の頃は捕まえて遊んだくせに、いつの頃からか苦手になった。

田舎ではマムシにだけ気を付ければ、そんな恐れる事もないんですけどね。

へび君にかこつけてホームセンターに行き、帰りにギャンブル。
へびには負けなかったが寂しく玉砕です。あーあ。
そんな我輩を横目に、妻は美容院で綺麗になって来ました。
『惚れ直してしまうやろー」と言っておきます。小遣いほしいし・・・・。

昨日に引き続き花の写真もおまけです。


f0357714_19425200.jpg
f0357714_19425742.jpg






[PR]
by seichi0412 | 2015-05-26 19:50

爺さん行方不明


f0357714_19124523.jpg

午後、バイトの仕事で畑お起ししていると、近くでけたましいサイレン音。
事故でもあったか?と思ったが気にせずバイト先に帰ると、
数台のパトカー。
「何だなんだ?」と仕事仲間に聞けば、
爺さんが山菜取りで行方不明になっているらしい。
お年は80歳とか。家族が心配して警察の捜索が進んでいるよう。
夕方の5時過ぎになってもまだ解決はしていなかったらしいが、
夕方6時過ぎには県警のヘリも飛んできた。
我が家の上空辺りを旋回し帰ったので、たぶん発見となったのだろう。推測だが。

だから、いい歳をしたら一人で遠くの山に入ってはダメだって・・・。
たぶん山のベテランで、若い時には沢山山菜を取り喜ばれたのであろう。
でも歳を考えなさいって。

生きて行く楽しみ、良い趣味には相違ないのだが、
自分が思っている以上に、体力も持久力も落ちているんですよ。
周りを考え、他の趣味に方向転換をお願いしますよ。

歳を取るとは残念ながらそういうものなのだ。
好き勝手で迷惑を掛けても良いと言う事にはならないんです。
山を甘く見てはいけません。

f0357714_19125757.jpg

それはそうと薔薇の第二段、三段が咲き始めましたです。
写真は下手ですが他の花と一緒にどうぞ。

f0357714_19132369.jpg

f0357714_19131504.jpg


[PR]
by seichi0412 | 2015-05-25 19:17

ボケリスク


f0357714_19103912.jpg

今朝、ネットで調べ物をしていると偶然
ボケになるリスクに直結する生活習慣なるものを発見。
統計上は老人の7人に1人はボケるんだと・・・。
そんな生活習慣の5大リスクは・・・・・。
1.睡眠不足である?
何やら睡眠中に分泌されるホルモンが認知症を防ぐ効果があるらしい。
2.読書をしない?
要は頭を使えと言う事。
3.インターネットに依存する?
脳に過度に情報を詰め込むと脳が疲れるらしい。
4.散歩しない?
歩行距離が短いほど脳の健康に良くないらしい。
5.喫煙習慣がある?
煙草は認知症リスクが45%も増加するよう。

何だなんだ・・・我輩はどストライクではないか。
ど真ん中で特大ホームランを打たれるような状態ではないか。

妻とどちらが先にと・・・ボケレースが始まっているのに・・・。
こんなわがままのデブチン大男は専門家の娘も「介護したくねー」とのたまうし・・・。

いやはやと考えながらも、生活変える気などこれっぽちも無い我輩。
「何とかならぁー」とお気楽に過ごしております。

そんなお気軽おっさんは朝から大忙し。
まず亡くなったお婆ちゃんの出棺見送り。
我が村の習慣で、行ける人は村民全員がお見送りに行くのであります。

f0357714_19102498.jpg


その次は、実家の庭の除草剤散布。田舎はやたら庭が広いため草取りきれんし・・。
午後はバイトでお金になる畑お起しと草刈。
クソ暑いのに働きます。お金を取るのは大変で・・。
そんな訳で充実した1日でござんした。

知ってか知らずかミルク君は良く寝ております。
何を考えているのでしょ?
それはそうと犬はボケるんですかね?お歳だし・・・。

それよりすんません・・自分がボケず写真がボケました。


[PR]
by seichi0412 | 2015-05-24 19:19

ぶっちぎりでリードする先進地

昨日「迎えに来るな」などとほざいていたら、
区内での訃報が届く。後輩の家のお婆ちゃん。86歳。
今さっき顔を見に行き手を合わせて来た。


f0357714_19341212.jpg

そんな訃報を聞きながらではあるが、
先日から行政懇談会の資料を作っている話をブログに書いた。
その一環として高齢化率などを調査している。

我輩の住む村の現状を見れば高齢化率は何と50%。
5年前の資料を確認すれば、もっと高い62%。

いっけん若者が増加したように見えるが、
高齢者が旅立ち総人数が減って計算上の高齢化率が減少しただけ。
今日の訃報を加味すればまた高齢化率は下がるが・・・。

我が村は日本の少子高齢化をぶっちぎりでリードする先進地。
こんな事威張れる話ではないが、こればっかしはどうしようもない。
積雪が3mにもなる自然の猛威が第一原因だが、
若い人の仕事の場がないと言うのも原因。

ここに住むわれわれはだからどうしたと開き直ってはいるが、
今ここに住む人が楽しく、楽になるようにと試行錯誤はしている。
仲間と無い知恵をしぼり合ってはいる。
ただ即効性の名案はうかぶわけも無く現状に甘んずる。

それでも我輩は田舎に住むのはパラダイスだと言い続ける。
四季のはっきりしたこの地は人間が人間として生きられる。
精神的に追い詰められる事もない。
都会に比べれば洒落たお店も当然ないが、
だからこそ生きる価値有りの地なのだ。



[PR]
by seichi0412 | 2015-05-23 19:45

まだ迎えに来るな

朝からお天気が良くデッキのテーブルに注ぐ木漏れ日も気持ちが良い。

f0357714_14570983.jpg
 先日、確か父が亡くなったのは春だったなと位牌を見れば今日が命日。
普段は手も合わせない不心得者だが、
今日ぐらいお墓の周りの草取りぐらいするかとご出張。
線香を上げ、好きだったお酒を供え手を合わせれば
これで息子の義務も果たせたかと妙に納得・・お気楽で。

 生きるものいつかはあの世に召されるものだし、
息子として見送って上げられた事が最大の親孝行と日頃から思っていた
自称孝行息子は、「まだ迎えに来るな」とダメ出しのお願いをして蝋燭の火を消した。

 実は、もうすっかり忘れていたが、父の義理の姉も今日が命日だったと知る。
従兄弟が墓参りに来て「あら偶然?」みたいに驚く。
伯母の葬式にも出席したのに人間の記憶とは・・・・。

 でもそれで良いのかと思う。
父も伯母も80を超え人生を全うした。
心の中に本人との思い出が残っている事が大切で、
いつまでも亡くなった事を引きずるものでもない。
冷たい人間だと言われるかもしれないが、未来の方が大切なのだ。

 悲しみは葬式の日だけで十分。
命日を忘れるくらいが生きている上では丁度良いのだ。
不心得者の言い訳で笑われそうでありますが・・・。
f0357714_14574041.jpg
我が家の薔薇第一陣が花を咲かせた。
他の薔薇もつぼみを大きくしており
我が家の薔薇はこれから見頃を迎える。
f0357714_14574953.jpg



[PR]
by seichi0412 | 2015-05-22 15:53